上下の歯を抜歯して治療した症例 | 歯列矯正・インプラント専門歯科医院【武庫之荘駅前かい矯正歯科】

上下の歯を抜歯して治療した症例

プロフィール

15歳 女性

上下の歯の凸凹が気になるということで来院されました。

「上下の歯を抜歯して治療した症例」 BEFORE画像 BEFORE
「上下の歯を抜歯して治療した症例」 AFTER画像 AFTER

また、唇を閉じたときに下あごに梅干しのようなしわができています。
このようなしわは、見た目はもちろん、矯正治療後の安定に大きく影響してきます。
これだけ凸凹が大きく、上あご下あごの前後関係がずれています。

よって、この患者さんの治療には上下の犬歯の後ろにある歯を合計4本抜いて治療を進めていきました。

唇を閉じたときに下あごに梅干しのようなしわ

まずは歯を並べていきます。装置を付ける前にあらかじめ歯は抜いていますので、そこにできたスペースに歯は移動していきます。

大体並べ終わったら、今度は犬歯を後方に移動していきます。これにはいろんな種類の方法がありますが、ここではパワーチェーンというゴムのようなもので引っ張っています。
あせらずゆっくり下げていきます。ここが結構時間がかかります。
下あごは凸凹が大きいので、並べるだけで隙間がなくなりました。

犬歯が後ろに引き終わると、前歯と犬歯の間に隙間ができているはずです。この隙間を利用して前歯をまとめて後方に下げていきます。こうすることで、唇が閉じやすくなります。
ここが一番の山場です。なお、効率よく下げるために付けはずしできるゴムを使用しています。

最終仕上げのワイヤーを装着し、細かいところをかませていきます。

上下すっきりとした歯並びとなり、上下の真ん中もほぼあっています。
(後戻りが多少起きますので、その分を見越して余分めに仕上げてます。その後チェックのときには真中は一致していました。)
横顔も整って、きれいですね。治療期間はトータルで2年9ヶ月でした。

治療終了時の写真

治療の概要

治療名 大人の矯正
治療回数 2年9ヶ月

※個人の承諾を得ています。
※治療結果には個人差があります。
※画像処理により、形・大きさ等を変えるような処理は一切おこなっておりません。

矯正について詳しくはこちら

アクセス・診療時間

■ 所在地:兵庫県尼崎市武庫之荘2丁目1-1 ATSTビル2F

■診療時間

9:30~13:30
(最終受付12:30)
★1 - ★2
15:00~20:30
(最終受付19:30)
★1 - ★3 -

※表が見切れている場合は横にスクロールしてください。

★1…
第2・第4 火曜日は午前休診、午後14:00~20:30まで歯列矯正のみ診療。(最終受付:19:30)
第2・4以外の火曜日は通常通り診療。
※GW/お盆/年末年始や祝日の日曜日と重なる場合は、この限りではございませんので、スタッフにお尋ねください。
★2…
第2・第4 日曜日は、9:30~12:30まで歯列矯正のみ診療。(最終受付:11:30)
★3…
土曜日・祝日の午後診療は、18:30まで(最終受付:17:30)

■休診日

毎週木曜日・隔週日曜日

※月によって上記スケジュールが異なる場合があります。
詳細な情報はこちら(2021年 診療カレンダー)をご覧ください