なぜ矯正が必要なの?

なぜ矯正が必要なの?~歯ならびの悪さが引き起こす身体への影響~

矯正治療は歯ならびの悪さ="見た目"の悪さを改善する治療としてクローズアップされがちですが、必ずしも見た目を改善するためにだけ矯正治療が必要なわけではありません。

歯ならびやかみ合わせが悪いことで、心身に悪い影響を及ぼします。一見、関係無さそうな症状も、実はその原因が歯ならびの悪さに関係していることもあります。

1. うまく歯ブラシが当てられないので虫歯、歯周病になりやすい

正常な場合と違い、凹凸の歯だと歯ブラシの毛先が細かいところまで届きません。
その結果、あちこちに磨き残しができ、虫歯や歯周病のもとになるプラークとなってしまいます。

2. 食べ物が良く噛めないので、身体に良くない

私たちは食べ物を摂取することで健康を維持しています。その食べ物を採る最初のステップが「噛む」という行為なのです。
「噛む」ためには歯が丈夫でなくてはならないのですが、歯ならびが悪いとよく物を噛めません。
良く噛めないと、食べ物を丸飲みということになり、肥満の原因にもなります。

3. 息がもれてしまい、言葉が正しく話せない

歯と歯の間に隙間があると、そこから空気がもれてしまい、言葉が聞き取りにくくなります。
特にタ行、サ行に顕著に表れ ます。

4. 精神的ストレスの原因になる

前歯が出ていることや下あごた出ていることが気になり、人前でお口を開いて話せない、笑えない、いつもお口をおさえて、下を向いているといった方がたくさんいらっしゃいます。
歯ならびを治した途端に、内向的な人が社交的になったという例はたくさんあります。

5. 肩こりや頭痛のもとになることもある

歯並びが悪いと、たいていの場合噛み合わせも悪くなります。噛み合わせが悪いと、あごや首、肩の筋肉に無理な力がかかって、肩こりになる場合があります。
そして、筋肉のバランスが欠いていますので、脊椎が曲がって、頭痛の原因などになることもあります。

6. 集中力低下の原因となる場合がある

仕事や勉強の時に"ガムを噛んでいると集中力が続く"という経験をされたことがあるのではないでしょうか?実際 "噛むこと"により、脳への血流量が増え、その活動が活発になると言われています。
逆に言えば、しっかりと噛めないかみ合わせのままだと集中力の低下を招く要因となることもあります。

無料初診相談にご予約ください。
無料初診相談にご予約ください。 WEBからご予約 tel:0120814885