かみ合わせ治療

その悩み...もしかしたら

このような状況に心当たりはありませんか?このような状況に心当たりはありませんか?
  • 長年、虫歯や歯周病の治療をしていない。
  • あまり入れ歯を使用していない。
  • 取り外しの入れ歯を長年調整していない。
  • 歯が抜けたまま放置している。

身体全体から見れば、お口は小さな器官ですが、口腔内の健康状態が身体全身に及ぼす影響は小さくはありません。特に上下の歯の"かみ合わせ"が身体に与える影響は、一般的にはあまり知られてはいないのではないでしょうか。
食事がしづらい、会話がしづらいと言った口腔内に関連する症状から、顔の歪みや肩こり、姿勢の悪さなど、一見、歯とは関係が無いと思われがちな部分にまで症状が現れる場合もあります。
かみ合わせが悪くなる原因は、虫歯や歯周病、入れ歯の未使用といったものから、加齢により歯がすり減ってしまうことなども原因となります。
あなたが感じている不調ももしかしたら"かみ合わせ"の悪さが原因かもしれません。

当院では、あなたのかみ合わせに問題が無いかどうかを詳しく調べる"かみ合わせ検診"を行っております。
CTスキャナーや最新の顎機能検査機などを使用してあなたのかみ合わせの現状をさまざまな角度から分析します。
気になる身体の悩みがある方は、一度、当院のかみ合わせ検診を受けてみませんか?

当院のかみ合わせ検診について

正しくかみ合わせが行われているかを診断するためには、顎の骨の形状が正常かどうか、またその骨がしっかり機能しているかどうか測る必要があります。
当院では、最新のCT、またアルクスディグマ®(顎機能検査機器)を用いてデータ収集を行い、撮影した画像を見ながら現状の問題点を分かりやすくご説明しています。

【顎関節CT検査】

顎や顎を支える周りの骨の「形状」を確認する検査です。
顆頭と言われる下顎の先端部分や顆頭を受ける下顎窩の形や角度が正常かどうか、またその間の隙間の厚みが十分あるかどうか、CTで測定します。

【アルクスディグマ®による顎機能検査】

アルクスディグマ®は、顎の機能を確認する最新機器です。かみ合わせに問題があると、顎を開け閉めした時の動きに違和感が出るため、動きを3Dで録画し、コンピューターを使ってその運動経路を正確に解析します。
アルクスディグマ®で検査を行うことで、かみ合わせ改善に必要な補綴物(かぶせ、つめ物)をより精巧に作成することが可能になります。

かみ合わせ検診でチェック!

かみ合わせ検診の結果から、現状の問題を診断し、正常なかみ合わせに戻すために最適な治療を行います。かみ合わせ検診の結果から、現状の問題を診断し、正常なかみ合わせに戻すために最適な治療を行います。
無料初診相談にご予約ください。
無料初診相談にご予約ください。 WEBからご予約 tel:0120814885
矯正歯科は日曜日も診療中! まずは無料初診相談にご予約ください。(ご予約はこちらをクリック)
  • 入れ歯治療
  • FAPホワイトニング
  • 患者様アンケート(インプラント)
  • 患者様アンケート(矯正歯科)
  • 舌癖のお話
  • スタッフ矯正日記
  • Incognito(インコグニト)
  • 見えない、取り外せる新しい矯正装置【インビザライン】
  • 翔己会新聞
  • 静熱voice
翔己会グループ歯科医院
  • かい歯科
  • 南茨木プラザ歯科