インコグニト

Incognito(インコグニト)
見えない裏側矯正。矯正治療をしていることが他の人には分かりません。

矯正治療を始めるにあたって、多くの方が気にされるのが、ワイヤーやブラケットといった装置を付けた時の見た目かと思います。当院で採用している、裏側矯正「インコグニト」は、歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付けますので、表側からは装置が見えません。

インコグニトなら、矯正治療期間の見た目のストレスを大幅に軽減できます。

インコグニトは、見た目が気になる女性の方や接客や営業等、人と会う事が多い方等に最適の治療法です。インコグニトなら、矯正治療期間でも、口を気にすることなく歯を見せて笑うことができます。

フルオーダーシステムの最新式ドイツ製の矯正システム

見えない裏側矯正「インコグニト」システムは、世界の裏側矯正治療を牽引するドイツ人歯科医師「Dr. Dirk Wiechmann」により2001年から開発された画期的な歯列矯正の治療法です。現在、世界60カ国で採用され、ヨーロッパでのインコグニトシステムによる舌側矯正のシェアは、60%を越える程、認知された治療システムとなっています。日本では、認定医講習会を受講し、認定された歯科医師のみ治療が可能です。

インコグニトの特長

装着時の違和感が少ない

インコグニトシステムは、今までの既製の装置とは全く異なり、CAD/CAMシステムにより、患者さまの口腔内の違和感が極力少なくなるよう限界まで薄く作られており、裏側の装置の中では最も違和感が少ない装置のひとつです。ブラケットベースを可能な限り、薄くして作製されていることで、口腔内が狭くならず、口腔内トラブルの軽減や、発音障害がおきにくい、装着によるストレス負担の軽減などのメリットが上げられます。

外側から装置が見えない

インコグニトシステムは、「見えない矯正装置」です。仕事上、見た目を重視する方や、矯正装置が見えることが気になる方には、非常にメリットある装置となります。

金合金なので金属アレルギーになりにくい

またインコグニトシステムは、金合金でできているため、金属アレルギーのトラブルも軽減できます。

通常の矯正より虫歯リスクが低い

インコグニトはオーダーメイドで装置を作製するため、装置と歯の隙間がほとんどなく、また歯の裏側全体を覆うデザインのため、非常にむし歯になりにくい装置といえます。 開発者が2010年に発表した論文(Europian Journal of Oral Science)では、インコグニトは通常の表側の矯正装置に較べ、虫歯発生率が約1/5に抑えられたと調査報告がなされています。しかし、どんな矯正装置でも、食後の歯磨きは徹底して習慣づけることが大切です。

オーダーメイドのブラケットで効率的な治療が可能

インコグニトシステムを作製するには、変形の少ない精密な歯型を作るため、特殊なシリコン製の材料を使用し、上下の歯型をとることから始まります。同時にかみ合せの記録も採取して、ドイツの工場に歯型とかみ合せ記録を送り、あなたのオーダーメイドのインコグニトシステムの作製に入ります。そのため、患者さまの歯型と噛み合わせ記録をとってから、装置のセットまで、約6~7週間かかります。準備段階から装着まで時間がかかることがデメリットですが、お一人おひとりの歯型を3Dスキャンコンピューターにより精密に計測して治療を進める為、ブラケットを歯につける位置に誤差がなくなり、効率的に治療を進めることが可能です。

インコグニトの治療症例

インコグニトと従来の裏側矯正装置の比較

従来の裏側矯正装置は、装置を歯に取り付けた時の違和感がとても強いと言われていますが、インコグニトは歯の裏側につけるリンガル矯正装置の中では、付けた時の違和感が最も少ない装置と言えます。

インコグニト従来の裏側矯正装置(リンガルブラケット)
【 外 観 】
【 形 態 】

一人ひとりに合わせたオーダーメイドなので、その方の歯のカーブに沿ってブラケットが作られており、接着剤がわずかで済むため厚みが薄く、違和感が少ない。歯に接着する面積が広いので、装置が外れにくい。

ブラケットがメーカー仕様なので、その方の歯の形状に合わず、接着剤の使用量が多くなり、その分分厚くなる為、違和感を感じる方が多い。

【 装置の制作方法 】

コンピューター解析による患者の歯に合わせたオーダーメイドで作製

統一形状の既製品

【 材 質 】

貴金属・ゴールド(金合金)

ニッケル・コバルト等の非金属

【 アレルギー有無 】

金合金は材質的にアレルギーが少ない

上記の金属にはアレルギーが出る場合がある

【 治療に使うワイヤー 】

ロボットがコンピューターの指示通りに治療ワイヤーに正確な屈曲を作り、効果的かつ正確に歯を移動させることができる。ワイヤー装着の時間も短縮出来る。

使用するワイヤーは、すべて矯正歯科医が手で曲げるため、ベテランの矯正専門医であっても誤差が生じ、装着に時間もかかる。

【 治療期間 】

装置の脱落等トラブルが少ない為、通常の裏側矯正より約10~15%早く治療が進む。歯の表側にワイヤーを取り付ける矯正と比べても変わらない。

装置脱落が多いことや、ワイヤーの精度によって一般的に治療期間が長くなるといわれている。

【 矯正治療中の食事 】

装置装着当初は、食べづらさが残るが従来の裏側矯正より慣れやすい。

表側矯正と比較すると食べづらさを感じやすい。

無料初診相談にご予約ください。
矯正歯科は日曜日も診療中! まずは無料初診相談にご予約ください。(ご予約はこちらをクリック)
  • 入れ歯治療
  • FAPホワイトニング
  • 患者様アンケート(インプラント)
  • 患者様アンケート(矯正歯科)
  • 舌癖のお話
  • スタッフ矯正日記
  • Incognito(インコグニト)
  • 見えない、取り外せる新しい矯正装置【インビザライン】
  • 翔己会新聞
  • 静熱voice
翔己会グループ歯科医院
  • かい歯科
  • 南茨木プラザ歯科