矯正装置の種類

お子様の矯正治療(3歳~12歳頃)

お子様の矯正は永久歯が生えそろう前に行なう治療(第一期治療)と永久歯が生えそろってから行なう治療(第二期治療)の二段階に分かれています。(第一期治療のみで終了する場合もあります。)

第一期治療ではお子様の成長を利用した治療を行ないます。
特に将来的に出っ歯や受け口などの骨格的な不正咬合が予想される場合、早期治療はとても有効です。

第一期治療(早期治療)

第一期治療では、成長発育の旺盛な時期、一般的に小学低学年から中学年の時期に開始することで、歯列を拡大して、歯を抜かない矯正が可能になったり、上あごと下あごのアンバランスを改善して良好な口元にすることができます。
この時期の治療は、歯の移動がはやく、後戻りが少ないなど、大きなメリットがあります。
第一期治療では、気になる点を改善することはもちろんですが発育している時期に、比較的簡単な装置で、きれいな歯ならびと正しいかみ合わせに誘導していくことが目的です。

第二期治療(本格矯正)

第二期治療では、全ての歯にブラケットとワイヤーという装置をつけて、本格的に矯正を行っていきます。
第二期治療では、永久歯全てがしっかりと咬み合わせることを目的としていて、永久歯が全て生え終わった段階で再度診断行い、治療を検討します。
第一期治療の流れで、引き続き始めることもありますし、もう少し時期をおいてから行う場合もあります。ご本人様、保護者の方としっかりお話をしながら進めてまいります。

お子様の治療(一期治療)でよく使う矯正装置

2☓4(ツーバイフォー)

奥歯2本に装置(金属の輪っか)をつけて、前歯4本に金具をつけることから2X4と呼ばれます。
当院では治療の中盤~終盤によく用います(もちろん、最初からつけることもあります)。
大人の歯の治療でつける装置と原則的には変わりませんので、しっかりと歯ブラシを当てて、きれいにしておく必要があります。

固定式拡大装置

左がクォードへリックス(QH)、右が拡大型リンガルアーチ(当院ではEAと呼んでいます)です。
横に拡大することで、歯の並ぶスペースを確保していきます。
欠点は、あごの裏に固定されているので、しゃべりづらい、磨き残しが出やすいなどがあります。
ただ、しゃべりづらさは段々と無くなっていきます。また、広げる量には限界があります。

リンガルアーチ

あごの裏側につけるという点では、先ほどの固定式拡大装置と変わらないのですが、目的が異なります。
左側はある一部分の歯のみ動かし、他は動かさない、右側は現状のスペースを確保するために用いております。

アクティブプレート

真ん中にネジがあり、ここを回してお口にセットすることで、歯が横に移動して広がります。
ただ、使用時間が短いと全く意味がありません。

バイオネーター

これは上のタイプの装置とは異なり、上下一体型の装置です。上の装置と同じように顎を広げることもできますが主な目的は上下のあごの位置を正しい位置にしていくことです。
このタイプの装置を総称して、機能的矯正装置といいます。

成人の矯正治療(13歳~)

成人の矯正は、歯ぐき(歯槽骨)が健康な場合、年齢に関係なく治療が可能です。ただ、成長発育がないため、歯を歯槽骨の大きさのなかで動かすにとどまるため、限界もあります。
また、かみ合わせが悪いとあごの関節が正しい位置からずれていることが多く、かみ合わせを改善することも必要です。
当院では、最新の顎機能検査システム(アルクスディグマ R)を導入し、歯と顎全体の状態を見ながら治療を進めて参ります。

成人の方はお忙しいスケジュールのなかでの治療になりますので生活のスタイルに合わせて、通常より早く治療を進めることができるインプラント矯正や矯正装置が目立たない舌側矯正等での治療も可能です。

成人矯正用の装置

矯正検査で採得した資料をもとに分析をかけて、患者様に合致した治療方針が決定していきます。

頬側矯正・メタルブラケット

最もポピュラーな装置です。上下あご全体にメタルブラケットを装着して治療をしていきます。ただ、比較的目立つのが大きな欠点です。

頬側矯正・セラミックブラケット

ブラケットの犬歯から反対の犬歯までの部分が、目立ちやすいメタルから歯に似せた色のセラミックに置き換わったものです。メタルブラケットの欠点を克服した装置です。

インビザライン

インビザラインはマウスピース型の装置で行なう矯正治療です。金具を使用しておらず、無色透明ですので目立つことがありません。またご自身で取り外しが可能ですので、食事の楽しみや歯磨きなどのケアの際も安心です。

舌側矯正・フル

歯の裏側にブラケットを装着します。
全く目立たないのが最大の利点ですが、頬側の矯正に比べてやや動きにくいのと費用が高額なのが欠点です。

舌側矯正・コンビネーション

片側のみ歯の裏側にブラケットを装着します。通常上あごを歯の裏側、下あごを歯の表側に装着します。
舌側矯正・フルよりは費用は安価になっています。

舌側矯正・インコグニト

インコグニトは2001年にドイツで開発され、世界60カ国で採用されている裏側からの見えない矯正装置です。
一般的な舌側矯正と比較して、「違和感が少ない」、「金属アレルギーの心配がない」、「虫歯になりにくい」、「治療が効率的に進む」などのメリットがあります。 詳細はこちら

矯正用インプラント

歯を正しい位置へ移動させるには、力をかけるための支えが必要となりますが、従来は動かす歯の周囲の歯やヘッドギアなどを支えとしてきましたが、そうした支えがない、もしくは期待できない場合などで矯正を諦めざるを得ないケースで大変有効な装置です。
頬側、舌側矯正のどちらの矯正にも利用できるうえ、休みなく歯を引っ張り続けるため治療期間の短縮も可能になりました。

無料初診相談にご予約ください。
無料初診相談にご予約ください。 WEBからご予約 tel:0120814885